「機械を操作する」という仕事は、現代の産業を支えるために必須の仕事です。もはや機械なしに人力だけで仕事をするということは、ほとんどありません。

また、機械が好きな人はたくさんいて、そのような人たちが機械オペレーターへの転職を希望することがあります。社会からも求められて、自分の得意なことができる機械オペレーターの仕事は人気があります

ただ、機械オペレーターが募集される企業は、たくさんの種類があります。求人票を眺めていただけでは、より良い転職を実現することは難しいです。転職成功するためには、情報を整理し、自分の特性を知って、狙いを定めて転職活動をする必要があります。

ここでは、「機械オペレーターの種類ごとの特徴と求人例」「機械オペレーターに向いている人」「女性が機械オペレーターになれるか?」「年収の考え方」について詳しく説明します。

機械オペレーターには、3種類ある。

機械オペレーターとは、「なんらかの機械装置を操作する職種」です。この機械オペレーターは、仕事の特徴から3つに分類されます。そそれは、製造機械のオペレーター」「建設機械のオペレーター」「プラントのオペレーター」です。

下の写真は、ゴミ焼却プラントのオペレーターの作業の様子です。ピットから焼却炉へ、クレーンを操作してゴミを投入しているところです。

3種類の機械オペレーターのどの職種であっても、機械を操作する仕事であることは変わりません。しかし、扱う機械の大きさや働き方が変わります。上の写真は、あなたが思い描いていた機械オペレーターの仕事と一致しますか?

「機械オペレーター」のキーワードで、検索してヒットする求人はたくさんあります。その中から、あなたの得意分野で希望する働き方ができるように、分類ごとの整理をしてください。ここから、3つの分類について、詳細を解説します。

製造機械オペレーターは一つの工場に勤める

最初に解説するのは、製造機械オペレーターです。「製造」とあるように、製造業で活躍する職種です。製造業にもさまざまありますが、機械部品、金属部品、機械、食品など、1つ2つと数えられるモノを作る製造業の企業で募集される職種です。

例えば、以下の株式会社NTN備前製作所の求人では、ベアリングを切削加工する機械オペレーターを募集しています。NTN備前製作所は、NTNの100%子会社として岡山に工場があります。

ベアリングとは、下の写真のような部品です。車軸など、回転する機械には必ずと言ってよいほど使われている部品です。

このベアリングには、極めて高い精度が求められます。精度が低いと、偏摩耗や異常振動を惹き起こし、製品全体の寿命を短くするからです。かつては職人の手作業で作っていたものですが、手作業だと精度に限界があり、さらに大量生産に向きません。

現在では、マシニングセンターといった工作機械を使って高精度・大量生産を実現しています。製造機械オペレーターは、工作機械を操作します

かつての職人の仕事というと、敷居が高く思えるかもしれません。しかし、工作機械を使った製造では、機械オペレーターの「勘」や「腕」はあまり重要ではありません。工作機械の性能として、決められた手順で操作すれば、だれでも基準値以上の精度が出せるからです。したがって、「決められた手順を守って真面目に作業できる人」が求められます。

もう一つ求人を紹介します。求人票に、機械オペレーターとは記載されていないものの、「印刷オペレーター」「印刷工」も機械オペレーターの一種です。

下に示す求人は、株式会社中島弘文堂印刷所の求人です。大阪府と埼玉県に工場があり、どちらかで働く印刷オペレーターを募集しています。

実は、印刷業も製造業に分類されます。商業印刷は、下の写真のような印刷機(輪転機など)を使って行います。特殊な機械なので、操作に長けたオペレーターが必要です。

ただ、ほかの製造業と区別し、「印刷工」「印刷オペレーター」として募集されることが多いです。検索キーワードを足して、求人を探すと良いです。

世界的にペーパーレスの動きが強くなり、印刷業に対して将来性の不安を感じるかもしれません。しかし、数十年で市場がなくなるような状況ではありません。知り合いの印刷所の社長が、いつも忙しそうにしているので話を聞くと、次のように教えてくれました。

確かに、かつてに比べて売上が大きく伸びることはなくなった。

ただ、建設業を中心に絶対に紙(印刷物)が必要な顧客がたくさん存在する。そのような顧客からの仕事は、底堅く続いている。デジタル化の波に押されて「なんでも印刷します!」というような仕事のやり方は終わった。今後は、そのような小さくとも底堅い需要を狙って事業展開していく。

経済産業省の工業統計調査を確認しても、印刷業の出荷額は減少傾向にあるものの、その減少幅は小さくなっています。数年後に、仕事がなくなるような状況ではないので、その点は安心して転職できます。

では、製造機械オペレーターに転職するのに、必要な資格はあるのでしょうか。

実は、製造機械オペレーターの仕事をするために必須の資格は存在しません。冒頭に紹介した、NTN備前製作所の求人で対象となる方の欄を確認すると、必須資格の記載はありません。

また、業務で必要な資格(機械保全技能士、電気工事士、電気主任技術者などの資格)は、資格取得支援を受けられることが記載してあります。なお、これらの資格は、製造機械を保全するために必要な資格で、操作に必要な資格ではありません。

一方、中島弘文堂印刷所の求人においても、応募するために持っておかなくてはならない資格は記載されていませんでした。優遇資格としてフォークリフト資格が挙げられていましたが、これは機械オペレーターとして仕事をするためではなく、パレットに積んだ印刷物を運ぶときに必要な資格です。

両者とも未経験OKで、スキルがなくても「意欲がある」「機械を触ることが好きだ」ということを重視しています。

これは、製造機械が一般的でないため、スキルを確認する資格が存在しないということも影響しています。また、新しく人材を呼び込むときに、経験者にこだわったら人材が見つからない、という事情もあります。

先程の印刷所の社長は、「人材を募集するが、全然見つからない。運よく経験者が見つかっても、60歳過ぎのベテランだった。すぐに新しい人材を探さなければならない」とこぼしていました。

このような事情があるので、あなたにスキル・経験・資格がなくても悲観することはありません。もちろん、経験・スキルがあれば大きなアピールポイントなります。それらが無くても、面接などで適性を示すことで十分に転職は可能です。

製造業における働き方は、基本的に1つの工場に通勤し続ける働き方になります。採用枠や会社規模にもよりますが、転勤もないことがほとんどです。一箇所に腰を据えて、自分のスキルを磨きつつモノづくりをしたい人に向いている仕事と言えます。

建設機械のオペレーターは建設現場で活躍する

次に紹介するのは、建設現場で活躍する建設機械オペレーターです。「クレーンオペレーター」や「重機オペレーター」と呼ばれることもあります。

下の写真にように、建設現場などで建設重機が仕事をしている場面を見たことがあると思います。ちなみにこの写真は、橙色で示した部分に杭打ちをするために、クレーンでビットまたはクラブを吊っている写真です。

このような建機(建設機械)を操作するオペレーターの求人を下に示します。この求人は、山口県に拠点を持つ有限会社HANDOH(ハンドー)の求人です。土木建築作業用の重機オペレーターを募集しています。

通常、建設機械を操作するには資格・免許が必要です。建設機械は大型で、かつ生身の人間が作業員として同じ領域で作業することが多く、大きなケガや死亡する事故を起こしやすいからです。

では、建設機械オペレーターには、資格や免許を持っていないと転職できないのでしょうか。先程のHANDOH社の資格要件に関する記述を確認してみます。下図のように、入社してから取得すればOKと記載されています。

HANDOH社のような「資格なし・未経験OK」の建設機械オペレーター募集は相当数あります。これは、資格ありの経験者だけに採用を絞ると、極端に対象者が減るからです。建設業は人手不足が常態化している業種であり、多くの人に門戸を開けているという実態があります。

無資格で入社できたとしても、ずっと無資格で良いわけではありません。業務に必要な資格は、会社負担で資格取得サポートが有ることがほとんどです。HANDOH社でも資格取得のサポートがあることが記載されています。

もちろん、すでに該当する建設機械の資格・免許を持っているのなら採用されやすくなります。例えば下の写真は「高所作業車の特別技能講習修了証」です。講習だけで簡単に取得できるものですが、あなたを採用する企業にとっては、新たに取得させる時間的・金銭的負担が少なくなります。

したがって、簡単に取得できる資格・免許であっても希望する企業に伝えると良い結果を生みます

なお、このような資格・免許は公的なものです。仮に転職した先の企業を辞めたとしても、同様の建設業で重宝される資格です。特に大型の機械を扱える資格(大型のクレーン操作者資格など)は、取得者が少ないため給料も高いことが多いです。

私の知り合いは、「クレーンオペレーターとして月収50万円稼いでいた」とよく自慢していました。彼が持っていたのは「クレーン・デリック運転士免許」です。

一方、建設機械オペレーターの働き方は、建設現場を転々とする働き方になります。「建設が終わったら次の現場に移る」ということを繰り返すので、通勤経路も時間もそのたびに変わります。一箇所で落ち着いて働きたいという人には、向かない仕事です。

そして、建設物が出来上がるところがはっきりとわかるので、やりがいを感じやすいです。さらに、大きい建設物を作ることが多いので、誰かに説明するのが簡単です。わたしも、知人から「あのビルを作ったのは自分」という自慢をよく聞きます。建設機械オペレーターは、満足感を得られやすい職種と言えます。

プラントオペレーターは工場という大きな機械装置を運転する

最後に説明するのは、プラントオペレーターです。プラントオペレーターは、1種類の機械を操作するスペシャリストではなく、工場全体を一つの機械装置ととらえて、工場を安定させて稼働させる職種です。

工場の種類は、製造業だと化学、石油、セメントなどを製造する工場で、製造業以外だと清掃工場、水処理工場、発電所などの種類があります。いわゆるプロセス工場で必要とされるのが、プラントオペレーターです。冒頭で紹介したゴミ焼却プラントで働く機械オペレーターも、この分類です。

実際の求人を例に出すと、下に示す白石工業株式会社の求人が該当します。白石工業社は、炭酸カルシウムを製造、販売しているトップメーカーです。大阪に本社のある企業ですが、この求人では静岡県にある工場で働く製造オペレーターを募集しています。

炭酸カルシウムの製造工程は、「粉砕→水化→炭酸化→結晶安定化→表面処理→脱水→乾燥→袋詰」といった工程があります。この工程のほとんどが機械化され、安定した品質と大量生産を可能にしています。製造オペレーターは、これらの工程を支える機械を動かします。

また、求人票にも記載がある通り、製造機械が適切に稼働するようにメンテナンスも行います。ただし、専門的で高度な保守作業は機械メーカーや専門の部署が行うことが多いです。

私が勤める電力プラントでは、オペレーターが行うメンテナンスは、パトロールや消耗品交換などの簡易なものばかりです。機器本体の取替やオーバーホールは、保全職が別にいるのでその職種が担当しています。

オペレーターは、プラントを安定稼働させることが職業上の目的です。つまり、「変化がないこと」を求められます。モノが出来上がるといった達成感を味わうことはほとんどありません。仕事上の変化を好む人にはつまらない仕事かもしれません。

プラントオペレーターは、単一の機械を扱い続ける職種ではなく、さまざまな機械を操作し、さまざまな仕事をこなします。したがって、必要となる資格もさまざまなものがあります。代表的な資格を挙げると、危険物取扱者、電気工事士、ボイラー技士、フォークリフト、玉掛技能などの資格です。

これらの資格を取得していると、採用試験でアピールしやすいです。もちろん、工場によって必要な資格は違います。転職する当初は、資格条件を求めていない企業もあります。白石工業社は、求人票に資格要件を記載していません。

一方で、下に示す株式会社市原ニューエナジーでは、先述の資格のうちいくつかが歓迎条件として記載してあります。市原ニューエナジー社は、千葉県で産業廃棄物の焼却処理で発生する熱を使って、発電事業と熱供給事業を行っている会社です。

この求人では、下図のように「フォークリフト運転者」「危険物取扱者」「ボイラー技士」の各資格を持っていることが歓迎条件とされています。歓迎条件なので、転職時には無資格でも問題ありません。

しかし、このような資格は入社後取得を求められます。資格を持っていないと、業務を行うことができないからです。入社後に資格取得をする場合は、資格取得支援制度があることが多いです。資格試験の受験費用を会社が負担することがほとんどで、このような制度を利用すればお得に資格取得できます。

プラントオペレーターは、巨大なプラント全体を動かす仕事なので、まず1人で行うことはありません。必ず複数人でチームを作って仕事をします。下の写真は、ある企業の中央操作室の写真です。4人で打ち合わせをしている様子がわかります。

このようなチーム作業は、私が勤める電力プラントでも同様です。4人1チームで1回の勤務を担当します。

したがって、コミュニケーションスキルは必須です。黙々と一人で仕事を行うのではなく、複数人で情報を共有しながら、適切に報告や連絡をとって、仕事を進めていく必要があります。

個人の技術的な能力に自信がなくても、適切なコミュニケーションがとれていれば、チームでお互いに補いながら仕事ができます。プラントオペレーターに向いてる人は、他人と協調しながら仕事を進められる人です。

プラントオペレーターの、そのほかの特徴について、24時間稼働の化学プラントでオペレーターとして働く後輩に聞いてみると、以下のように教えてくれました。

Q. 勤務形態について教えてほしい。
A. 三交替制の完全にシフト勤務で、一年先まで自分がどの日に出勤すべきかが決まっている。直近の友人と遊びに行く都合をつけるのは難しいが、反対に数カ月先の予定を組むのはやりすい。

Q. 残業時間はどのくらいか。
A. 平均で月に10時間未満。多いときで20時間ほど。

Q. プラントオペレーターに転勤はあるか。
A. 総合職で配属されると、1~2年で転勤がある。一般職は転勤なし。

このような特徴は、私が勤める電力プラントでも同様です。プラントオペレーターは、一箇所にずっと勤め上げる働き方で、残業は少ないシフト勤務が特徴であると言えます。

女性の活躍はこれから

ここまで紹介してきた機械オペレーターに、女性が転職しようとした場合に注意事項はあるのでしょうか。

実際に、求人票において女性であることを理由に採用できないという記載はありません。これは、法律によって性別で採用可否を決めてはいけないと決まっているからです。

しかし、現実には機械オペレーターとして働く女性は少ないです。これは、かつて女性の就業を制限されていた職種が多いからです。特に、建設機械オペレーターやプラントオペレーターは、危険作業があったり、夜間作業があったりして女性の就業が長らく制限されてきた歴史があります。

このなごりが残っており、現在でも女性で機械オペレーターとして働く人は少ないです。

そのせいもあり、女性特有の設備は貧弱であることが多いです。例えば、トイレがその例です。下の写真はマンション建設現場の仮設トイレです。男女で区別していません。

そのほかにも、ロッカーや休憩室が男性用に比べて狭い場合があります。私がかつて勤めていた鉄道会社のある部署では、女性社員の比率が3%くらいで、着替え用のロッカー室と休憩室がたいへん狭かったです。

女性で、機械オペレーターとして転職すること自体は問題ありません。しかし、充実した会社設備を望んでも、それに応えてくれるかは期待薄です。この点は覚悟しておく必要があります。

労働災害と隣合わせの仕事と知るべし

もう一つ、機械オペレーターに転職する上で重要な点があります。それは、「命の危険がある」ということです。

機械オペレーターが操作する機械は、人間が出すことのできない力や速度を出します。誤った使い方をすれば、いとも簡単に治療不可能なケガを負うことも、死ぬこともできます。常に、労働災害(労災)の危険と隣り合わせです。

決して大げさに言っているわけではありません。私の身近なところで、仲の良い歳の近いいとこが、加工機械に手を巻き込まれ、手を切断しました。現場によっては、簡単に死人が出ます。

工場では、下の写真のように「安全第一」というように、労働安全に対する注意喚起がいたるところに掲示されています。これは大げさに言っているのではないのです。

大きなケガや死亡につながる労災のほとんどは、決められた手順やルールの「省略」によって発生することがほとんどです。鉄道会社勤務時代も、電力プラントに転職してからも、労災速報をよく目にしますが、ほとんどが手順やルールから逸脱した作業によって労災が発生しています。

つまり、機械オペレーターに向かない人は以下のような人です。

  • 自分の好きなようにやりたい人
  • 安全ルールを覚えられない人
  • 安全ルールを覚える気がない人
  • すぐに手を抜きたがる人

これらに該当する人は、機械オペレーターを目指すべきではありません。自分がケガをするだけでなく、他人を殺してしまう可能性が高いです。自分とまわりの人を不幸にしてしまうので、転職を避けてください。

年収は業種によって様々

最後に、機械オペレーターの年収について解説します。冒頭で紹介したNTN備前製作所の求人票から、提示年収の部分を抜粋したのが下図です。300~400万円が、初年度の年収として提示されています。

同様に、ここで紹介した5社の求人票から提示年収を抜粋したのが下表です。

会社名 提示年収[万円] 業種
(株)NTN備前製作所 300〜400 製造業(はん用機械器具)
(株)中島弘文堂印刷所 340〜610 製造業(印刷)
(有)HANDOH 252〜378
※各種手当て除く
建設業(とび・土工・コンクリート)
白石工業(株) 275〜400 製造業(化学)
(株)市原ニューエナジー 300〜460 その他サービス業 廃棄物処理業

給与所得者の平均年収が約500万円なので、ここで提示されている年収は低めです。

少しでも高い提示年収の企業に転職したいと思うのは心情ですが、機械オペレーターへの転職の際はおすすめできません。それは、機械オペレーターの分類によって大きく特徴が異なるからです。

例えば、チーム作業が苦手な人がプラントオペレーターに転職しても、職場で実力を発揮できるとは考えられません。短期で再転職する可能性もあり、そうなると将来得るであろう高年収も逃してしまいます。

年収にあまりこだわらずに、あなたの性格や特性が向いている機械オペレーターに転職することをおすすめします。そのためには自己分析が重要です。一人で客観的に自己分析できれば良いですが、多くの人は無理です。

友人や家族に手伝ってもらって自己分析することもできます。しかし、私情が挟まれる可能性が高いです。転職エージェントを使えば、客観的に分析を手伝ってくれます。転職エージェントは求人の紹介の前に、あなたの適性を丁寧なヒアリングで見極めてくれます。

ただし、転職エージェントは高年収の会社へ転職を勧めがちです。これは、転職エージェントの報酬体系が、あなたの転職時の年収をベースに決められるからです。

したがって、転職エージェントがあなたの希望や分析を無視して、高年収の企業を勧めてくるようなら、頑として断るべきです。また、不信に思うなら転職エージェントを変えてください。あなたが信頼できると感じる転職エージェントを使うことで、転職成功しやすくなります。

まとめ

機械オペレーターに転職する場合は、「製造機械オペレーター」「建設機械オペレーター」「プラントオペレーター」の3種類があることを理解してください。

製造機械オペレーターは、1つ2つと数えられるような製品を作る工場で募集される職種です。一箇所の工場に勤め続ける働き方で、転職の際に求められる資格はないことが多いです。

建設機械オペレーターは、建設工事で使われる重機を運転する職種です。建設現場を転々とする働き方になります。重機操縦には資格が必要ですが、資格保持が条件に挙げられていない求人も多いです。一度資格を取得してしまえば、再転職でさらに高給を狙うこともできます。

プラントオペレーターは、プロセス工場で工場全体を運転する職種です。一つの工場に勤め続ける働き方になります。必要な資格がたくさんありますが、入社時に求められないことも多いです。入社してから資格取得する必要があります。

どの職種にも共通する特徴の一つは、労働災害の危険があることです。ルールを守ることができないような性格の人は、労働災害を起こす可能性が高いので、機械オペレーターの仕事を避けたほうが良いです。

年収は転職を決める大きな要因の一つですが、年収ばかりに気を取られてはいけません。機械オペレーターは、種類によって特徴が大きく変わります。あなたの適性に合致した機械オペレーターを選ぶことで、転職後も満足して働くことができます。


技術者が転職するとき、多くの人が転職サイトを利用します。これは、それだけ良い条件で転職できるからです。

企業への履歴書・職務経歴書の送付やアポ取り、年収交渉など、面倒な仕事は全て転職エージェントが代行してくれます。これらを自分だけで行うのは現実的ではないですが、転職エージェントであればプロがしてくれます。

しかし、転職サイトは「対象地域」「対象年齢」「得意な分野(技術全般、製造業の技術・工場など)」で違いがあります。転職を成功させるには、これらの特徴を理解した上で進めなければいけません。

以下では、それぞれの転職サイトについて詳述しています。これらを理解することで、転職での失敗を防ぐことができます。