機械系技術者として発電所の実務経験があると取得できる資格に、ボイラー・タービン主任技術者資格があります。筆記試験が設定されてなく条件の厳しい実務経験でしか取得できないので、希少価値の高い資格でもあります。

では、ボイラー・タービン主任技術者資格を活かして転職成功させようとしたら、どのように考え行動すればよいのでしょうか? 多くの人が転職サイトを使って求人を探す中、同じように「ボイラータービン主任技術者」でキーワード検索すれば優れた求人が見つかるのでしょうか?

実は、ボイラー・タービン主任技術者資格が優れた資格であるがために、落とし穴があります。この落とし穴を回避しないと、優れた求人を見つけて転職成功させるのは難しいです。

ここでは、優れた求人を見つけ出すために「BT主任技術者が必要な業種の整理と求人例」「求人数の実態と求人を見つけ出す工夫」について、くわしく解説します。

BT主任技術者資格が必要な業種を確認しよう

資格を武器に転職活動をするとき多くの人が失敗しているのは、その資格がどのような業種・職種で必要とされているのかを十分調べずに求人を探していることです。

特に実務経験で取得するボイラータービン主任技術者資格のような資格は、会社に言われるままに取得したひとが多いと思います。取得した資格が転職市場でどのように評価されるかを、深く考えたことがある人は少ないのではないでしょうか。

私も資格を武器に転職しました。当初は、自分の持っている資格が直接仕事に関係ない業種・職種にばかり応募して望む結果が得られませんでした。最終的に、私の持っている資格が会社運営に直結する業種を見つけ出し、転職を叶えることができました。

では、ボイラータービン主任技術者資格が必要とされる業種・職種はどのような企業でしょうか?

ボイラータービン主任技術者資格が必要な会社は、「発電用」ボイラー、タービンなどを扱う会社です。発電用ボイラー、タービンを設置する会社は、BT主任技術者を選任する必要があります。つまり、業種は問わず発電所を持っている企業が該当します。一方職種は、ユーザー側として設備管理・エンジニアリングを行う職種であることが多いです。

また、BT主任技術者の選任は事業所で1人です。すでに稼働している事業所であれば、すでにBT主任技術者が選任されているはずです。したがって、転職後すぐにBT主任技術者に選任されるかどうかは、企業に問い合わせて確認する必要があります。

ボイラータービン主任技術者資格が活かせる求人は、このような観点で探していきます。

発電事業者がBT主任技術者を求める求人募集している

「発電所」と聞いて思い浮かべやすいのは、旧一般電気事業者の10電力会社です。下は、旧一般電気事業者の北陸電力株式会社の求人です。ボイラー・タービン主任技術者資格が歓迎条件になっています。

このような旧一般電気事業者からの求人が出ることは、きわめて少ないです。全国で10社しかない上に、ボイラータービン主任技術者資格は実務経験で取得できるため、旧一般電気事業者は自社内で融通できるからです。

したがって、旧一般電気事業者に転職を希望するなら、求人が出るのを根気よく待ち続けるしかありません。

そこで代わりの選択肢になるのが、IPP・PPSなどと呼ばれる事業者です。これらの事業者は、旧一般電気事業者以外で発電事業を行っている会社です。

例えば、下の写真は福岡県大牟田市にある株式会社三池発電所の運営する石炭火力発電所です。

同社は旧一般電気事業者と同様に、電気を作って販売することが根幹事業である会社です。三池発電所からは、以下のようにボイラー・タービン主任技術者資格が歓迎条件として求人が出されています。

三池発電所のように電力専業ではなく、発電所を持っている会社もあります。下の写真は、財閥系化学メーカーの運営する石炭火力発電所を写したものです。化学工場の敷地内で運営されています。

このように、自社工場の電源を確保するために運営されている火力発電所があります。製造業のうち、化学、鉄鋼、製紙、石油などの工場で火力発電所が設置されていることが多いです。

その用途は、「自社工場で使う電力をまかない、余った電力を市場で売る」「工場群一帯に電力と蒸気を供給する」「ほとんど全量を一般市場に売る」などさまざまです。どの業態であっても発電用ボイラー、タービンがあれば、BT主任技術者が求められます。

例として、三菱ケミカル株式会社の求人を下に示します。三菱ケミカル社は、三重・滋賀・岐阜に大きな拠点を持つほか、全国に工場があります。この求人では、茨城県の工場で採用され、鹿島北共同発電株式会社に出向する人材を募集しています。

ボイラータービン主任技術者募集の求人は、以上のように発電事業者の求人を探すのがセオリーです。

ゴミ焼却処理場を運営している会社も採用している

石炭や天然ガス、バイオマス燃料などを燃やす発電所のほか、ゴミ焼却施設も発電所として電力供給している場合があります。つまり、BT主任技術者の資格者を募集していることがあります。

ただし、求人を探す際に注意点があります。一般家庭から排出されるゴミは、地方自治体に廃棄物処理の責任があります。したがって、事業者は自治体になり、ごみ処理施設で働く人は公務員です。

公務員になるためには、年一回の試験を突破するしか方法はありません。BT主任技術者資格を採用段階で活かせることはありません。

しかし、自治体が一般ごみ処理を民間企業に委託していることがあります。この場合は、その民間企業から求人募集が出ることがあります

例えば、下図の日立造船株式会社の求人が該当します。この求人は、日立造船社が受託している新潟県長岡市の一般ごみ焼却処理施設のBT主任技術者を求める求人です。したがって、BT主任技術者資格を持っていることが前提で応募できます。

日立造船社のように純粋な民間企業のほか、公企業がごみ焼却施設を運営していることがあります。公企業も転職サイトに求人を出していることがあります。

例えば、下図の公益財団法人岡山県環境保全事業団の求人が該当します。この求人では、ボイラータービン主任技術者資格が歓迎条件になっています。

ゴミ焼却処理場関連では、以上の求人に似た求人を探していきます。

BT主任技術者としての経験を求められる求人もある

ここまで紹介してきた求人は、発電所のボイラータービン主任技術者に選任されるために活用できる求人でした。一方、ボイラータービン主任技術者資格は実務経験が必要であるため、その実務能力を評価する求人もあります。

例として、SOMPOリスクマネジメント株式会社の求人を下に示します。この求人では、ボイラータービン主任技術者資格保有が歓迎条件とされています。

SOMPOリスクマネジメント社が行っているのは、電気事業法に定める安全管理審査です。火力発電所は、非常に高温高圧の蒸気を使うため、厳重な安全管理が求められます。その管理状況を国に代わって審査するのがSOMPOリスクマネジメント社です。

私はかつて新規火力発電所の溶接安全管理審査で、SOMPOリスクマネジメント社の審査に立ち会ったことがあります。私の勤めている電力プラントのBT主任技術者に対し、図面上でいくつかの指示を出していたのを覚えています。

このようにSOMPOリスクマネジメント社の業務では、電力事業者のBT主任技術者に対して、審査側として適切な指示ができないといけません。したがって、同等の能力を持つ人材を求めるのです。

ボイラータービン主任技術者資格を持っていれば、安全管理審査をするだけの能力を持っていると判断できます。つまり、SOMPOリスクマネジメント社のような登録安全管理審査機関でも、BT主任技術者資格保有者を求める求人が出されることがあります

ボイラータービン主任技術者を求める求人は少ない

転職求人を探すのに、多くの人は転職サイトを使っています。ボイラータービン主任技術者資格を活かした転職をするときも、同じように転職サイトを使って求人を探したらどのような結果が得られるでしょうか?

下図が、大手転職サイトのdodaで「ボイラータービン主任技術者」をキーワードに求人を検索した結果です。15件の求人がヒットしました。

私が検索したときに、dodaに登録されていた公開求人は10万件弱でした。そのうちの15件しかヒットしないので、「ボイラータービン主任技術者」が条件にある求人がいかに少ないかがわかると思います。

したがって、単に「ボイラータービン主任技術者」だけをキーワードに求人探していただけでは、優れた求人を見つけることは難しいです。優れた求人を見つけるためには、工夫が必要です。

ボイラー・タービン主任技術者と記載を変えて検索してみる

手っ取り早く簡単にできるのは、キーワードを変えてみることです。

実はボイラータービン主任技術者資格の正式名称は、「ボイラー・タービン主任技術者」資格です。求人票では、厳密に記載していない会社もあります。また、アルファベットで略して「BT主任技術者」資格としていることもあります。

実際に大手転職サイトのdodaとマイナビ転職で、キーワードを変えて検索してみた結果を下表に示します。

検索キーワード dodaヒットした求人数[件] マイナビ転職でヒットした求人数[件]
ボイラータービン主任技術者 15 2
ボイラー・タービン主任技術者 20 2
BT主任技術者 3 0

検索キーワードを変えるだけで、検索結果が違うことがわかります。また、転職サイトによって扱う求人が違うので、複数の転職サイトを使うことで、より優れた求人が見つかる可能性が高まります

非公開の優れた求人を探す

優れた求人を見つけるもう一つの方法は、非公開求人を探す方法です。実は、転職サイトでキーワード検索をしてヒットする求人は、公開求人と呼ばれる求人です。公開求人は全求人の5分の1程度であると言われています。

試しに、キーワード検索をしたときに非公開求人の数を教えてくれるメイテックネクストのサイトで検索してみました。「ボイラータービン主任技術者」をキーワードにすると、下図のように公開求人は0件で、非公開求人が7件でした。

ちなみに、ほかのキーワードを使って検索したときのヒット数は、下表のとおりになりました。なお、どの場合も公開求人数は0でした。

検索キーワード メイテックネクストでヒットした非公開求人数[件]
ボイラータービン主任技術者 7
ボイラー・タービン主任技術者 4
BT主任技術者 0

非公開求人は、転職エージェントを介してのみ紹介される求人です。したがって、メイテックネクストでヒットした11件の求人は、転職エージェントサービスに申し込むことで詳細を見ることができます。

発電所で選任されるボイラー・タービン主任技術者は、発電所のボイラー・タービンの工事・維持・運用に関して、職務上大きな責任と権限を持ちます。また、事業所で1人しか選任されません。

したがって、課長・部長といった職位の高い人が選任されることが多いです。私が勤める電力プラントでも、職場のナンバー2(技術系社員ではトップ)である部長がBT主任技術者に選任されています。

つまり、ハイクラスの求人であることが多いです。公開されている求人の例を示すと、日立造船社の求人ではメンバーで400~800万円、管理職で790~1,000万円の年収が提示されています。全サラリーマンの平均年収が500万円なので、高年収であることがわかります。

ハイクラスの求人は、年収も高く会社経営に関わることも多いため、非公開とされやすいです。よって、BT主任技術者の求人は、非公開求人を探すことは必須と言えます。

以上のように、ボイラータービン主任技術者資格が活かせる求人を探すには、工夫をすることが重要です。工夫により多くの求人にふれることができれば、優れた求人に出会える可能性も高まります。

まとめ

ここまでボイラータービン主任技術者資格が活かせる求人に転職する方法について、詳しく説明してきました。

ボイラー・タービン主任技術者資格は、発電用ボイラーやタービンなどがある火力発電所の職務で必要な資格です。したがって、火力発電所がある企業の求人を探すのがセオリーです。

火力発電所を持っている発電事業者は、旧一般電気事業者のほか、製造業などを探すと見つかります。また、ごみ焼却施設で発電を行っている事業者も対象になります。

一方、BT主任技術者資格そのものではなくて、発電所のボイラー、タービンなどに関する技術力・知見を担保するために求められる求人もあります。経済産業省が定める登録安全管理審査機関で、そのような求人が出ていることがあります。

ボイラー・タービン主任技術者を求める求人自体は、きわめて少ないです。したがって、「キーワードを変えて検索する」「複数の転職サイトを使う」「非公開求人を探す」といった工夫をして、より多くの求人を探すことが必須です。

このように資格の意義を整理し、求人の探し方を工夫することで、優れた求人を見つけ、転職成功しやすくなります。


技術者が転職するとき、多くの人が転職サイトを利用します。これは、それだけ良い条件で転職できるからです。

企業への履歴書・職務経歴書の送付やアポ取り、年収交渉など、面倒な仕事は全て転職エージェントが代行してくれます。これらを自分だけで行うのは現実的ではないですが、転職エージェントであればプロがしてくれます。

しかし、転職サイトは「対象地域」「対象年齢」「得意な分野(技術全般、製造業の技術・工場など)」で違いがあります。転職を成功させるには、これらの特徴を理解した上で進めなければいけません。

以下では、それぞれの転職サイトについて詳述しています。これらを理解することで、転職での失敗を防ぐことができます。