電気通信主任技術者資格は、情報化社会を支える技術者資格として価値のある資格です。また、日進月歩の通信技術の発展にあわせて試験内容も次々に新しくなる難しい資格でもあります。あなたは、せっかく取得した電気通信主任技術者資格を活かして有利に転職したいと考えているのではないでしょうか。

電気通信主任技術者の有資格者が絶対に必要なのは、電気通信事業者だけです。しかし、電気通信主任技術者の有資格者を求める企業はほかにもあります。これらもあわせて探すことが必要です。

さらに電気通信主任技術者を求める求人は、あまり多くありません。少しでも多くの求人に出会うための工夫をしなければ、転職成功させることは難しいでしょう。

そこで今回は、どのような会社が電気通信主任技術者の有資格者を求めているのかを整理し、求人の実態からどのように電気通信主任技術者の有資格者として転職させるかを詳述します。

通信主任技術者の有資格者を求める求人は2種類ある

電気通信主任技術者資格を武器に転職で成功するためには、世の中のどのような企業から求められているかを把握しておく必要があります。電気通信主任技術者が求められる企業は、大きく分けて2種類あります。電気通信事業者と、通信にくわしい人材を求めている会社です。

それぞれの場合で、資格者としての扱いが変わります。したがって、その特徴を熟知しておくとミスマッチを防ぐことができます。

・電気通信事業者

電気通信事業者とは、法令に則り電気通信役務を提供する事業者のことです。簡単に言うと、電話やデータ通信(インターネット、放送など)をサービスとして提供し、事業として運営している会社のことです。NTTや各地方のケーブルテレビ局などが該当します。

下の写真はテレビ局の無線基地局で、電気通信事業者はこのような設備を各所に有しています。

法令では、電気通信事業者はこのような電気通信設備を工事・維持・運用する管理責任者として電気通信主任技術者資格を有した者を選任しなければなりません。したがって電気通信事業者が技術職の求人を出していれば、電気通信主任技術者資格が必須または歓迎条件となっていることがあります

下の図が電気通信事業者の求人例です。株式会社QTnetは福岡に本社を置く電気通信事業者で、九州電力が持っていた通信ネットワークを活用してサービス開始した会社です。

下線部に記載がある部分が、電気通信主任技術者の有資格者を選任しなければならない仕事です。この求人では、通信主任技術者は必須とはされてなく、下図のようにインフラエンジニアの活かせる資格・スキルとして記載があります。

電気通信事業者が通信サービスを提供しているということは、すでに電気通信主任技術者が選任されているということで、通信主任技術者資格必須とされていることはまれです。しかし、歓迎条件として挙げられていることは多いです。

電気通信事業者に中途採用を希望するときは、このような求人を探すことになります。

・通信技術にくわしい人材を求めている企業

電気通信事業者が、電気通信主任技術者の有資格者を求めるのは理解できたと思います。それ以外に活躍できる場所はないのでしょうか。

電気通信主任技術者資格は一朝一夕の勉強で取れるような資格ではないため、資格を取得した事実は電気通信に関する技術力を担保するのにわかりやすいです。したがって、電気通信に関する技術を外部に向かってアピールしたい会社は、電気通信主任技術者資格の取得者を求めていることがあります

具体的には、通信設備工事や通信設備の設計を行っている会社です。法律上、このような会社が電気通信主任技術者を選任する必要はありません。しかし設計や工事を発注するのは、電気通信事業者であることもあります。そのときに、電気通信事業者の工事監督をしている電気通信主任技術者と打ち合わせをすることがあり、同じレベルで打ち合わせをするのには同等の知識が必要です。

また電気通信主任技術者の有資格者数や名前を社外に向けてアピールすることで、会社の通信に関する技術力をアピールすることに繋がり、今まで付き合いのなかった電気通信事業者から仕事を取れるかもしれません。あなたも新しく仕事を依頼するとき、有資格者と無資格者なら、有資格者に頼むのではないでしょうか。会社同士でも同じことがいえます。

このような電気通信工事・設計を行っている会社の例を、下の図に示します。これは、北海道から沖縄まで全国で事業展開する株式会社ニュージャックの求人です。

会社の起源が富山県の黒部第四ダム建設に従事した技術者が始めたことにあるため、電力会社が行う公共性が高く、規模の大きい設計案件が得意な会社です。この求人でも、公共事業に関する電気設備設計技術者を募集しています。指定学部学科を卒業していれば実務未経験でもよく、電気通信主任技術者資格は歓迎条件として示されているのがわかります。

このように電気通信事業者でなく電気通信工事・設計を行っている会社では電気通信主任技術者を選任する必要はないため、求人で電気通信主任技術者資格が必須になっていることはまずありません。歓迎条件として挙げられていることがほとんどです。

電気通信主任技術者資格を求められる求人を探すには、以上を承知しておく必要があります。

具体的に中途採用の求人を見つける方法

では、具体的に電気通信主任技術者資格が求められる求人を探すには、どのような手法を取ればよいでしょうか。転職サイトでキーワード検索したらすぐに見つかりそうですが、実際求人は見つかるのでしょうか。

ここからは実例を挙げつつ、求人を見つける方法を考えていきます。

「電気通信主任技術者」で検索してもヒットする求人は少ない

試しに大手転職サイトのdodaで「通信主任技術者」をキーワードに検索してみると、下の図のように49件の求人がヒットしました。

そのほかの大手転職サイトであるマイナビエージェントおよびパソナキャリアで同様の検索をすると、それぞれ4件と1件でした。これは全国で50件くらいの求人数があるということで、あなたに資格以外の希望条件があるとかなり少ない求人数といえます。

簡単に見つけられる求人数が少ないからと言って、ここで諦めてしまっては希望する優れた求人を見つけることはできません。ほかに手立てがないか考えてみましょう。

通信事業者一覧を確認し、個別に探す

実は、総務省が電気通信事業者を一覧表にして公開しています。以下に、総務省(http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/field/tsuushin04.html)が公開している一覧表を載せていますので参考にしてください。

登録電気通信事業者一覧

この一覧表を見ると、意外な企業も電気通信事業者であることがわかります。例えば、私が以前勤めていた鉄道業界ではJR(本州三社・北海道・九州)や東急電鉄、京阪電鉄が該当します。これは列車内に公衆電話を設置しているために、電気通信事業者として登録が必要なのです。

実は、私は勤めていた鉄道において強電系(100V以上の電圧を主に扱う)の部署に配属されていて、通信のような弱電系分野は定年まで関わるはずのない分野でした。しかし、新線建設を担当していたときに通信のことを学ぶ機会があり、通信の部署の課長に資格取得を勧められ電気通信主任技術者資格を取得したのです。

得意分野でない分野の勉強なので、大変に苦労して取得した覚えがあります。下が資格者証です。

強電系社員の私に電気通信主任技術者資格取得を促したのは、社内にこの有資格者が少ないことが理由です。それも年配者が多く、早く若手社員に取得させないと「特急や新幹線の公衆電話を撤去しなければならない」との危機感から取らせたと聞きました。

一覧表で紹介した電気通信事業者は、社内に電気通信主任技術者の有資格者が在籍していることが必要な企業です。したがって、今は電気通信主任技術者の有資格者を募集していなくても、私が勤めていた鉄道会社のように有資格者を求めているとは十分考えられます。そこで、電気通信事業者の技術職の求人がないか探すとよいです。

下は、電気通信事業者であるUQコミュニケーション株式会社の求人です。

この求人には「電気通信主任技術者」を募集している旨の記載はありません。しかし下図の仕事内容の欄を見ると、電気通信主任技術者に求められる仕事と思われる記載があります。下線部が、電気通信設備の工事に当たる可能性が高いです。

もちろんこの求人では、電気通信主任技術者資格必須としていないので選任されることはないと考えられます。しかし会社として絶対に必要な資格なので、むげに扱われることはありません。

心配であれば、事前に転職エージェントを通じて電気通信主任技術者資格を持っていることをアピールしてみると良いです。求人票に記載がないだけで、実は社内で資格者に手当が出るなどの優遇規定がある企業は多いです。

電気通信主任技術者資格を活かす場合は、このような求人を探して少しでも可能性がある求人を探す努力が必要です。

複数の転職エージェントから非公開求人の紹介を受ける

そのほか、転職エージェントサービスに申し込み非公開求人を紹介してもらうことによって、電気通信主任技術者資格者優遇・歓迎の求人を見つけることができます。非公開求人とは、「会社経営に直結するプロジェクトの人材募集」「有名企業で応募者が殺到する」求人のため、非公開で行われているものです。

マイナビエージェントでは、全求人の8割が非公開求人であるとされています。ほかの転職サイトでも同じような記載があります。つまり転職エージェントを使えば、5倍の求人情報を手に入れることができるということです。

この非公開求人は、転職エージェントを通してのみ手に入れることができます。ほかの手段では手に入れることはできません。また、転職サイトによって扱っている非公開求人が違います。したがって複数サイトの転職エージェントを通じて非公開求人を紹介してもらうと、より多くの求人に触れることができます。

さらに、電気通信事業者の技術職求人が出ていないかを問い合わせることで、電気通信主任技術者資格を求める募集を紹介してもらいやすくなります。

電気通信主任技術者資格を活かした求人を探すには、このように総務省の公開情報や非公開求人の仕組みを上手く利用して探すことで、優れた求人を見つけやすくなります。

まとめ

電気通信主任技術者資格を活かして転職するには、電気通信事業者か電気通信技術にくわしい人材を求めている企業(電気通信工事・設計を行う会社)を中心に探します。

これらの求人は、転職サイトで「電気通信主任技術者」をキーワードにして探せば見つけることができます。しかし、その数は極めて少ないです。

そこで、求人の探し方に工夫する必要があります。一番に行うべきは、電気通信主任技術者の資格者が絶対に必要な電気通信事業者がどの企業なのかを把握することです。これは、総務省が一覧表にして公開しているので参照すると良いです。

電気通信事業者の中には、通信事業にはあまり関係なさそうな企業もあります。このような会社でも、社内では絶対に電気通信主任技術者の有資格者が必要なので、アプローチしてみる価値があります

さらに非公開求人を探すことによって、希望する求人にあたる確率を飛躍的に高めることができます。なぜなら非公開求人は、公開求人を大きく超える求人数があるからです。

転職エージェントを通じて非公開求人を紹介してもらうことと、電気通信事業者を名指して求人を探すことであなたが望む優れた求人に出会う確率が高まります。電気通信主任技術者資格を活かして転職活動を行うときは、このような工夫をすることで転職成功しやすくなります。

技術者が転職するとき、多くの人が転職サイトを利用します。これは、それだけ良い条件で転職できるからです。

企業への履歴書・職務経歴書の送付やアポ取り、年収交渉など、面倒な仕事は全て転職エージェントが代行してくれます。これらを自分だけで行うのは現実的ではないですが、転職エージェントであればプロがしてくれます。

しかし、転職サイトは「対象地域」「対象年齢」「得意な分野(技術全般、製造業の技術・工場など)」で違いがあります。転職を成功させるには、これらの特徴を理解した上で進めなければいけません。

以下では、それぞれの転職サイトについて詳述しています。これらを理解することで、転職での失敗を防ぐことができます。