技術者(エンジニア)が転職するとき、多くの場合転職サイトを使って転職しています。転職サイトにはさまざまあり、総合転職サイトや技術職専門の転職サイトなどがあります。

こうした転職サイトの中で、エンジニア専門の転職サイトとしてメイテックネクストがあります。もちろん、多くのエンジニアがメイテックネクストで転職を実現しています。

しかしエンジニア専門の転職サイトであるため、そのほかの同業他社と比べて特徴が違います。優れた求人を見つけて応募するためには、転職サイトの特徴を十分理解して利用することが必須です。ここでは、メイテックネクストの評判・口コミについて特徴とあわせて解説していきます。

製造業の技術職に強いメイテックネクスト

メイテックネクストは、エンジニア派遣業界1位の実績があるメイテックグループが運営する転職サイトです。もともと製造業へエンジニア人材を派遣してきたこともあり、製造業の技術職に特に強みがあります

全国の技術職の求人を扱っていますが、特に強いのは中京圏・関西圏の企業です。メイテックが発足したのが愛知県であり、中京圏に本社を置く製造業の求人が目立ちます。例えば以下のような企業です。

  • トヨタ自動車株式会社
  • 株式会社デンソー
  • アイシン精機株式会社
  • 株式会社バッファロー

それ以外にも、製造業を中心に全国の企業の求人を見ることができます。数は少ないものの、エネルギーやインフラの技術職も含まれます。

職種は、開発や設計など、比較的技術難易度の高い求人が多いのも特徴です。下図は、株式会社デンソーの求人です。機械設計や製品開発の職種の募集です。

また、技術的難易度が高い分、提示年収も高いことが多いです。反対に、未経験や技術営業の求人は数が少ないです。

さらに、年齢は20~40代までとされています。それより上の年齢だと紹介できる求人が極端に減るため、登録しても無駄になります。

これらのことから、新卒後すぐから中堅クラスでエンジニアとしての経験があり、技術職の求人を集中的に探したいときに最適な転職サイトといえます。

エンジニア経験のある転職エージェントが多い

メイテックネクストの最大の強みは、エンジニア経験者が転職エージェントであることです。

総合転職サイトの多くは、エンジニア経験のない転職エージェントが担当者になります。私が転職したときも、大手総合転職サイトの担当エージェントはエンジニア経験がありませんでした。

エンジニア経験がない転職エージェントでも、転職活動を進める上で大筋は問題ありません。しかし、入社試験に複数社合格してどれにしようか悩んでいるときなど、ズレた回答がある場合があります。これは実際に技術職に携わったことがないとわからない機微なので、仕方ないことです。

その点メイテックネクストの転職エージェントは、エンジニア経験がある人が多数なので、あなたの技術者としての気持ちに寄り添って転職活動を支援してくれます

メイテックネクストでの転職サービスの使い方

メイテックネクストで転職活動を行うためのサービスは、全て無料で受けることができます。転職エージェントは夜遅くなっても電話対応してくれるなど、手厚いサービスをしてくれます。

私が転職活動をしていたときは、あまりに時間を問わず熱心に対応してくれるので申し訳なく思ったのですが、気にする必要はありません。実はあなたが転職成功すると、あなたが企業から提示を受けた年収額の2~3割を転職エージェントが手にする仕組みです。

したがって気後れする必要はなく、転職エージェントは使い倒しましょう。ここでは、転職サイト・転職エージェントの基本的な使い方の流れについて説明します。

1.公式サイトから登録し、キャリアカウンセリングを受ける

サービスを受けるための手順は、まず公式サイトに登録することから始まります。公式サイトの「転職支援サービスに登録」ボタンをクリックすると、必要な情報を入力する画面が出てきます。この画面で、住所・氏名・生年月日・連絡先電話番号・メールアドレスなどを入力します。

転職エージェントのサービスを受けるには、基本的に電話とメールで連絡をとりあうことになります。メールアドレスはフリーメールアドレスで構いません。私は、転職活動用にGメールのアドレスを用意して、ほかの転職サイトも全てそのメールアドレスを使っています。

登録の途中、履歴書・職務経歴書をファイルで送付する項目があります。次のステップのキャリアカウンセリングで自分のことをしっかり整理して伝えるために、整理して書いておくとよいです。また、ほかの転職サイトでも使い回せます。

なお、この履歴書・職務経歴書がそのまま希望する企業に提示されるわけではありません。キャリアカウンセリングを経て、必要ならば転職エージェントとブラッシュアップしてから企業に提示されます。自信がなくても、とりあえずたたき台として作ってみると良いです。

・面談場所は都市部のみで地方は電話面接

登録が済むと、7日以内にメイテックネクストから連絡が来ます。その後、面談(キャリアカウンセリング)をすることになります。

面談は、東京・大阪・名古屋・福岡に拠点があり、これらの地域の近くに住んでいれば対面で面談できます。しかし地方在住で、拠点までのアクセスが悪いと、電話、メールでのキャリアカウンセリングになります。

私の経験上、電話とメールだけでも失敗なく転職することはできます。私は人と関わるときは必ず一度は会って、どんな人か確かめたいと考えていますが、転職のときは急いでいたこともあり会うことなしに進めました。それでも失敗せず転職できたので、電話面談だけでも心配することはありません。

一つ注意する点は、あなたの転職をどう成功させたいのか、希望がどうなのかをはっきり伝えることです。ここで遠慮をしていると、うまくいくはずの転職もうまくいかなくなります。転職エージェントはあなたの敵ではなく、味方です。希望をしっかり伝えて、現状認識をしっかりすることで、優れた求人に出会う確率を上げることができます。

2.希望条件に合う求人を非公開求人を含めて紹介してもらう

キャリアカウンセリングが終わると、マイページの利用ができるようになります。マイページとは、メイテックネクストを使って転職活動をする求人についてWEB上で管理するページのことです。

転職エージェントからメールで求人を知るほか、このマイページにログインして知る方法があります。ほかの転職サイトだとトップページからログインできることが多いですが、メイテックネクストはキャリアカウンセリングが終わったあと個別にメール連絡があります。それまでは、マイページは使えないです。

そしてマイページが使えるようになるほか、非公開求人を紹介してもらえるようになります。非公開求人とは、転職エージェントを介してのみ手に入れることができる求人です。

参考に、メイテックネクストの非公開求人の割合は、以下のように8割であるとされています。

公開求人は、「あなたが求人情報を見て選ぶ」という性質上、本来ならば優れた求人であっても先入観で選ばれないことがあります。非公開求人は、キャリアカウンセリングや様々な情報をもとに、転職エージェントがあなたに適合した求人を紹介してくれます。

そのため、あなたが考えもしなかった良い求人が見つかることがあります。面談などでしっかりと正確な情報を提供して、優れた非公開求人を紹介してもらうようにしましょう。

・サイト上で手軽に見られる求人票の情報が少ないのはデメリット

メイテックネクストの公開求人は、サイト上で見られる情報が少ないのが残念な点です。例えば下図は京セラ株式会社の求人票です。

職種・仕事内容・年収などの項目に書かれている内容が少なく、必要最低限しか書かれていません。これだと、この求人にかける企業側の熱意や、空気感が伝わってきません。

条件だけが羅列してあるような求人票に飛びつくと、転職の失敗を招きかねません。自分で追加の情報を手に入れることが重要です。企業側の詳しい情報を手に入れるのに最も簡単な方法は、転職エージェントに問い合わせて聞き出すことです。

転職エージェントは、求人を出した企業の担当者と直接話すこともあります。したがって、企業の当該求人に対する考えを知っている可能性が高いです。企業の考えが分かれば、あなたの考えとギャップがないか推し量ることもできます。

このように、転職エージェントから企業情報を聞き出すことで求人票の情報不足を補い、転職のミスマッチを防ぐことができます。

・合わなかったときの退会は自由

転職エージェントも必ずあなたの期待に答えられるかというと、そうではありません。人間同士の付き合いですので、相性が合わないこともあるでしょう。またひどい転職エージェントで技量が不足しており、あなたの望む求人を紹介できないこともあります。

そのようなとき、しばらく様子を見て改善する見込みなければ、退会して構いません。ほかの転職サイトで転職が決まったときも同様で、遠慮なく退会して良いです

メイテックネクストの退会方法は、メールで退会する旨を連絡するだけです。

転職活動中は、メールや電話はしつこいほどに連絡ありますが、退会の意思を伝えたあとはピタッと連絡が途絶えます。また、退会したあとの再登録もできます。転職活動を一旦止めたいとき、退会して再度登録する方法も使えます。

3.希望する会社が見つかったら応募する

転職エージェントの紹介やサイトで、あなたの希望に沿った求人が見つかったら企業に応募します。転職エージェントを介して応募すれば、応募書類の送付・面接日程の調整などは転職エージェントがやってくれます。

特に現職を続けたまま転職活動を行う場合は、仕事の合間に活動をすることになるので、大変忙しいです。企業の中途採用担当者も、自分の勤務時間内で仕事を終わらせたいのは心情です。転職エージェントに事務作業は任せて、あなたは企業研究や面接対策などに注力するとよいです。

なお、応募の際に1社だけを狙い撃ちしてうまくいくことはほとんどありません。私の場合、転職活動を初めてすぐに狙って応募した家から歩いて5分の有名企業は、書類選考で見事に落ちました。それ以降2~3社ずつ応募して、結局応募総数の半分は書類選考で落ちています。

「半数が面接に進めば良いほうだ」と考えて複数同時応募することで、時間の無駄を省くことができます。

メイテックネクストで転職を実現する

メイテックネクストは、技術者派遣業で長く業界トップの実績があるメイテックが運営する転職サイトです。エンジニア派遣で培った企業とのつながりを生かして、製造業(ものづくり)企業の技術職に大変強みのある転職サイトです。

付き合いの長い中京圏・関西圏の企業のほか、扱う求人は全国の企業におよびます。製造業の技術職に転職希望するなら、必ず押さえておきたい転職サイトの一つです。

また、転職エージェントはエンジニア出身者が数多く在籍しています。この特徴は、ほかの転職サイトにはありません。そのため、技術者特有の深く突っ込んだ話をしても、技術者の気持ちに寄り添ったサービスが期待できます。

転職サイトには大小さまざまありますが、技術者の転職に特化した転職サイトは数が少ないです。メイテックネクストは、そのうちの希少な一つです。

ただ希少である分、サービス内容が簡素であるなど特徴がほかの転職サイトと違います。実際に登録するときには、事前にサービス内容を十分理解した上で登録すると良いでしょう。

メイテックネクストの評判・口コミのほか、具体的な使い方や評価できることやデメリットを紹介してきました。特に製造業の技術職に転職するなら、登録必須と言える転職エージェントです。メイテックネクストを利用して優れた求人を見つけましょう。